キャッシュ化の推進によるゲームの高速化

post_image_datacenter

キャッシュ化の推進によるゲームの高速化

従来DB技術に依存していたアプリケーション構造から見直し、Redisキャッシュを要所に採用することでDB負荷を大幅に軽減しました。それにより、それまで秒単位で発生していたDB処理は、ほぼ解消しました。後発タイトルの『AKB48』については、キャッシュ活用度を更に上げ、データ構造・用途別に4系統、計120台以上のサーバによる中規模Redisレプリケーション構成を設計・構築。DB依存度を大幅に下げることで、サーバ運用コストも高い水準で維持しています。